もう一度言う。綺麗になりたきゃ「炭水化物」を食べるんだ!Batman

病院やスポーツクラブでは教えてくれない処方箋【107】
[作:パーソナルトレーナーK]

 

炭水化物を食べないでいるとアソコの調子が悪くなる!?

今回は「美や健康に対する意識が高い人ほど、美や健康から離れている可能性がある」というお話をさせて頂きます。

通っているお客様からよく「周りの人より意識していると思ってたんですけど……間違っていました!」というお声を頂きます。おそらく、一番頂く声だと思います。

 

あなたはTVや雑誌のダイエット方を信じていますか?

意識の高い人は、テレビや雑誌の情報に敏感で、自分の生活の中にしっかり取り入れています。朝のスムージーやフルーツ、野菜をしっかり食べるなど、果物や野菜を大切にしているように感じます。その反面、炭水化物や脂の多いお肉などはカラダに悪いというイメージが強いようです。

テレビや雑誌の情報は、視聴率や販売数を目的に構成されているため、極端なことが書かれていることが多いように感じます。また、CMや広告のことも考えないといけないため、商品によった情報発信になっているようにも感じる時があります。最近では、水素水の過大広告が問題になっていましたよね。

 

避けがちな炭水化物こそ、必要不可欠なエネルギー!

私が実際にお客様にご案内しているのは、野菜や果物はそんなに大切じゃないと伝えています。それよりも、ご飯などの炭水化物、お肉や卵のタンパク質を大切にして頂いています。食べていない方が多いので、嫌いでない人以外は必ず食べて頂くようにしています。これには理由があります。

「炭水化物を食べなくてもエネルギーが足りる」と言われることがよくありますが、そんなことはありません。炭水化物が脳のエネルギーになるのはよく言われるようになりましが、他にも炭水化物しかエネルギーにならないところがあります。

 

それは、血液と生殖器です。

カラダに酸素と栄養を運んでくれる血液、少子化が問題になって来ている生殖器はともに炭水化物“だけ”をエネルギーに活動しています。そのため、ご飯を食べないと酸素や栄養を運ぶ能力も、生殖器系の能力も落ちてしまう可能性があります。

お肉や卵に含まれているタンパク質は、爪や髪、肌の材料になるため必ず必要です。よくコレステロールを気にされる方がいらっしゃいますが、コレステロールは細胞を作ったり、女性ホルモンを作ったりするときに使われるので、めちゃくちゃ大切です!

 

炭水化物と脂質は生きるためのエネルギー、タンパク質は体を作る材料。

それに比べて果物や野菜は、ビタミン・ミネラルを摂るために大事だと思われています。ビタミンやミネラルは確かに大事ですが、それだけでは肌も荒れますし、風邪もひきやすくなってしまいます。

ご飯も、お肉も、脂っこいものも食べないでいると、元気がでなくなり、肌が荒れ、ホルモンが作られずと、美と健康の真逆を行っている可能性がありますので、気をつけてくださいね!

最後までお読み頂きありがとうございました。2017年もよろしくお願い致します!

 

photos by: &
The following two tabs change content below.
パーソナルトレーナー『K』
【タモリと誕生日が同じトレーナー】 運動は身体に良いと思っていませんか? なんとなくのエクササイズは「ブ姿勢・痛み」の原因に。感じるエクササイズが、あなたを理想の身体(骨格ライン)へと導きます。正しい骨格ラインが、あなたに美脚・デコルテ・くびれ・猫背改善・痛み改善を提供します。│ 『読んでくれるかな!?』――「いいともー!」