キスで感染しちゃう「口唇ヘルペス」~どれだけ正しく知っていますか?

お悩み肌から「伊達肌」へ
~初恋肌のつくりかた~【17】

 

口唇ヘルペスのお話し

こんにちは! 皮膚科医SONOKOです。年末に向かい仕事もプライベートも忙しくなってきていると思いますが、みなさんお元気でお過ごしでしょうか? 今回はストレス社会で多くみられる口唇ヘルペスのお話しです。

 

どんな症状?

最初はなんとなく唇やその周囲に違和感やかゆみ・チクチクした痛みを感じます。その後人によって程度は様々ですが水ぶくれができたり腫れたりしてきます。一度なったことがある方なら分かるかと思いますがあの何とも言えない腫れぼったい感じは独特ですよね。

症状の出る頻度は様々で数年に1回の方から年に数回出来る方までいろいろです。出来た水ぶくれは1-2週間かけてカサブタになり治っていきます。

 

 

原因は?

帯状疱疹も過去にお話ししたようにヘルペスウィルスによるものですが、口唇ヘルペスとは型が違うのをご存知ですか? 帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウィルスが原因で、口唇ヘルペスはヘルペスウィルス1型によって起こります。

口に出来た水ぶくれや唾液などにウィルスが含まれているため、ウィルスが付着したコップやタオル・キスを介して他の人に感染することがありますので注意が必要ですよー!

また最近増えているのがヘルペスウィルス2型によるものです。通常こちらのウィルスは性器ヘルペスとして症状が出るものなのですが、オーラルセックスなどにより口の粘膜へ感染し口唇に水ぶくれが出てくるというものです。

パートナーに性器ヘルペスがある場合は速やかに皮膚科に受診し治療してもらいましょう。

口唇ヘルペスウィルスに初めて感染したときは多くは無症状で経過することが多いですが、初感染で症状が出る場合は水ぶくれが多く強めに出ることがあります。反対に再発で症状が出る場合は水ぶくれの程度が少なくなる傾向があります。

帯状疱疹と一緒で普段は神経節でおとなしくしているウィルスですが、疲れがたまってたり免疫力が下がるとウィルスが活発になって皮膚にまでやってきて水ぶくれなどの症状を引き起こします。

 

ヘルペスウィルスの治療

実は放っておいても自然に治るものですが、お薬を使った方が数段に治りが早いです! 皮膚科では通常ウィルスの増殖を抑える抗ヘルペスウィルス薬の外用もしくは内服を処方します。

重症であったり何回も再発するものにはバルトレックスやファムビルなどの内服を5日間飲み切りで行うことが多いですが、軽症の場合は塗り薬だけで治療することもあります。

 

日常生活の注意点としては

このウィルスにまだ感染していない人にはうつってしまうので、コップやタオルの共有は避けましょう。また赤ちゃんが感染すると思い症状を起こす可能性があるので患部が赤ちゃんと接触しないように十分注意してください!

 

患部はやさしく石鹸で洗って二次感染を防ぎましょうね。

ヘルペスの症状が出るということは体が疲れているサイン!! せっかく体が教えてくれたサインを見逃さず、無理せず十分な休養をとって自分を甘やかしてあげてくださいね。

今回は短いですがここらへんで。年末に向けてますます忙しくなると思いますが時にはふっと力を抜いてのんびり時間を過ごしてください。それでは良い週末を!

photo by: Skley
The following two tabs change content below.
皮膚科医SONOKO

皮膚科医SONOKO

即効性より日々の積み重ねを重視する、皮膚科一筋の皮膚科医。好物は焼き鳥とうまい棒。まずは自分の皮膚を見て・感じて・触ってみよう。そこにはあなたの心や生活が表れています。こんな小さなこと聞けない……お医者さんに見せるタイミングが分からない……そんなあなたがそっと立ち寄れる皮膚コラムをめざして。ストレス社会で闘うあなたが、あなたの皮膚を自分で守れるよう私がサポートします!