スーパージェネレーションギャップ! もはや非モテも関係ねぇ!

ウィークエンドが待ちきれない! ~ハケン社員 葉子の不機嫌な日常 最終回

 

『ヤングトークについていけないオンナ!』の話

日本一大イベント、ハロウィンが終わりましたね。渋谷で見知らぬコスプレギャルと超絶ダサいダブルピースで写真に納まる友人(おっさん)男性画像が勝手に送りつけられてきました。に、に、にほんって平和ですね。

かくいう私は、当日着ていたグレンチェックのジャケットに、オールバック+サングラス+付け髭をちょい足し。ほ~ら、もう皆さんおわかりですよね? 完璧な因幡晃ので・き・あ・が・り! 変装後は、名曲「わかって下さい」を大声量で熱唱してハロウィンの夜が更けていきました(もちろんひとり)。

涙で文字がにじむわ、まじで。

※画像をお借りしました。

 

 

そんな因幡晃味を感じまくった翌朝。

ハケン先の職場で、若者たちがハロウィントークで盛り上がっていました。「キャリアウーマン仮装して、35億を連呼しました」やら「セーラームーンになりました!」だの、頼んでもいない画像を見せつけてくれました。

自分たちのハロウィン話ばかりでバツが悪いとでも思ったのか、「で、葉子さんは何かやりました?」と、振ってきやがりました。本当に要らない親切。

葉子:「え? 私? 私はね、いなば……」
若手:「いなば?」

葉子:「あのね、仮装しなかったよ。家でイナバウワーヨガやってた」
若手:「イナバウワーって、スケートの?」

葉子:「そうそう。え? 知らない? 今ニューヨークで最新トレンドのヨガなんだけど。イナバウワーポーズをとりながら呼吸を整えるのよ」
若手:「ふ~ん。全然、聞いた事ないですけど」

葉子:「そう? (だよね。たった今、私が5秒で発案したヨガですから)」

こんな感じで、最近は若者たちのトークについていけない事が多くって、自分の加齢を身に染みて感じます。やっと、ハロウィン地獄から抜け出したと思ったら、音楽トークが展開されはじめました。

 

こちらでも黙っていると、ご丁寧に話に入れてくれます。

若手:「最近、ReNにハマってて~。葉子さん知ってます?」
葉子:「長渕剛のご子息の? まだ聴いたことないけど、何系?」

若手「エドシーランっぽいかな?」
葉子:「へ~。(おばちゃん、エドシーランでピンとこない)」

若手「聴いてみてくださいよ~」
葉子:「そうだね! チェックするね!! 教えてくれてありがとう!」

 

ReN「Life Saver」MV

※音量注意

ぷは~。若者の話にトーン合わせるの、まじで疲れるわ! 若手が気をつかってくれるのは、嬉しい。でも、こっちもこっちでアンタらに気をつかうわ! もう、頼むからもうそっとしてくれ。わかって下さい。

ReNの勉強をして、Ed Sheeranを聴いて、因幡晃を熱唱しなくちゃ! 今夜もクソ忙しいじゃないか。あぁ、ウィークエンドが待ちきれない!

photo by:
The following two tabs change content below.
葉子
若さだけでちやほやされるうちに、高所得な職業の男性と飲み会したほうがよい。30代になると呼ばれることすらないし、そんな贅沢な話をするチャンスもない!!