超絶スタイリング! いつもサラ艶ボブの彼女がカツラだった!

ウィークエンドが待ちきれない! ~ハケン社員 葉子の不機嫌な日常 110

 

『カツラを被るオンナ!』の話

30代も後半になると、髪の毛の生え際から白いものがチラホラと出没してきます。先日、美容室でその相談をしたところ、スタイリスト(男性)が「お白髪ですよね~」「まだ、髪の内側ですので、お白髪染めはもう少し様子をみて~」と“お白髪”を美容室中に響きわたる大声量で連呼。

えっと、“お白髪”というワードに気をつかってもらっているようだけど、その声のボリュームに気をつかってもらっていいかな? と、キレてしまいました。キレやすいお年頃にもなったようです。だって、周りのお客さんがチラチラ見てるんだもの。

 

20代と30代とでは似合う髪型が全く違う

20代の頃は、パーマをかけたりカラーも色々トライしてみたり、それなりに髪型を変えることに興味があったハズですが、それも昔。ここ数年はずっと同じの長さのボブスタイルをキープしています。

自分的には、広瀬すずちゃんや、本田翼ちゃんスタイル気分で日常を送っていますが、職場のヤングたちからすれば3人目の阿佐ヶ谷姉妹的に映っているんでしょうね。

 

最近、同じ職場に派遣されてきた女性が、黒髪・前髪パッツンのボブ。

ボブ同盟として勝手に親近感がわいています。でもって、いつもサラサラでセットもバッチリなのが、超絶うらやましいんです。

雨の日も、風の日も一糸乱れることのない髪型。今どんな強風がやってきても、西川貴教と彼女だけは髪型が乱れることはないでしょう(断言)。

思い切って髪型について聞いてみたら、「あ、これ? カツラです。私、本当は金髪なんで。さすがに会社ではまずいから」とな。

 

えー、そうなの? 中野信子式なの?

ブルゾンちえみ系かと思ってたよ? で、カツラいくら? 私はね阿佐ヶ谷姉妹式なんだけど? と、声が出かかりましたが、人の髪型にとやかくいうのもいかがなものかと思い会話を終了しました。ふぅ。

普段の金髪写真も見せてもらったんですが、髪型の与える印象ってやっぱりすごいですよね。今、目の前にいる黒髪女性と同一人物だとはとても思えません。私も髪型にもっと気を配ろうかなと思った次第です。

 

でもって、おい! そこの入社5年目の社員の女!

髪の毛を真っ赤に染めて出社とは何事? お~い、ここはお仕事をする場ですよ~。カツラ装着までして、きちんと仕事をしている女性だっているんですから。ビジネスマナーをちゃんとしやがれ。けっ。

今度からは、阿佐ヶ谷姉妹の写真を美容室にもって行こう。阿佐ヶ谷にピンクのドレスを調達しにでも行ってこようか。 あぁ、ウィークエンドが待ちきれない!

 

The following two tabs change content below.
葉子
若さだけでちやほやされるうちに、高所得な職業の男性と飲み会したほうがよい。30代になると呼ばれることすらないし、そんな贅沢な話をするチャンスもない!!