女性には理解しづらい「男の性欲」をお医者様が徹底解説!frozen heart

オトコの取説[17] 作:精神科医 山下悠毅

 

彼の気持ちを取り戻す「ただ一つの方法」VOL.1

「最近、彼がめっきり優しくなくて」

こんな時、あなたはどうしたらよいのだろう。前回の[彼が「優しくなくなったら」考えておきたい、たった1つのこと]でも話した通り、男が恋愛をする上で最も燃えるのは「相手を落とす過程」なのである。

もちろん、付き合った後も変わらず優しい男は少なからずいる。

しかし、そういった男も実は「優しくしないと振られてしまう」といった考えのもとで行動しているのである。――しかし、これがいざ結婚後となると今度は「責任感」や「社会的契約」から、男の行動は全く違ったものになる。

 

男は、手に入れたら「次」に目がいく。

男は「相手を完全に手に入れた」と感じた瞬間から、相手への興味が急降下するのである。

もちろん、これは恋愛だけにかぎったことではない。クルマでも高級時計でも、もし予算が許すのなら、男の興味はいつだって「手に入れたら次へ」と向かうのである。

つまり「付き合った後も優しい男」と「付き合ったら優しくなくなる男」がいるのではない。「気を抜くと彼女が自分の手元から離れるのでは」と心配している男「絶対にこの女は自分から離れない」と安心しきっている男がいるだけなのである。

 

女の愛とは何か

男の愛が「責任感」であるならば、女の愛とはなんなのだろう。

おそらく、それは「献身」。そして「独占欲」と呼ばれるものだと思う。好きな男に「尽くしたい」「力になりたい」と思わない女性はいないだろう。しかし、その一方で「大好きな彼が望んでいるから」といった理由で、その男の浮気を許す女性もいないのである。

――もちろん男だって女性の浮気は許さない。
しかし、そもそも男性がするような理由で女性は浮気をしないのである。

あなたが彼を「愛そうとすればするほど」彼の気持ちは遠ざかる?

繰り返しになるけれど、男の恋愛の目的は「相手を手に入れた」と確信するまでにある。いや、もっと正確に言おう。男は「相手を手に入れる過程」を楽しむために恋愛するのである。

このことは女性にはにわかに信じがたいことかもしれない。

しかし、これこそが男の心理なのである。前回話した「痴漢」の話を思い出してみて欲しい。痴漢の目的とは何であったか。それは「ひょっとしたら触れるかも」という相手を「触ろう」とする過程だと説明した。「触った先に続く性的な何か」ではなく「相手に触れるまでの過程をドキドキする」、これこそが、彼らが社会的リスクをおかしてでも得たい感情なのである。

結局、男はみんなカラダが目当てなのか?!

「結局、男ってカラダが目当てなんでしょ」と話す女性がいる。

確かにこれは否めない。しかし、このことについてはもっと深く考える必要があるだろう。では反対に、こういったことを言う女性に僕は聞きたい。「なぜ、男は体が目当てなのか」と。

性欲? もちろん、それもあるだろう。しかし、これでは答えの半分にしかなっていない。なぜなら、性欲は自分一人でも解消することができるからである。

では、もう半分とは何か。

それは「女性は、自分が好きな男としか寝ないはずだ」という男の思い込みに答えがある。つまり、男にとっては「その女性と寝る」ということは、「その相手を手に入れた」ということと同じなのである。こう考えると「こと」に及んだ後に、急に男が冷たくなる理由も分ると思う。

 

まとめ

誰でもいいから寝たい

「相手がプロでも・自分に酷いことをした相手でも・二次元のアニメでも構わない」とい性欲

好きな女性と寝たい

その女性を「手に入れた」と自分の中で感じるための証明手段。

この二つの感情が混ざり合っているのが男の「やりたい気持ち」の正体なのである。そして、男とはこの二つの気持ちを決して女性に悟られないよう隠して生きているのである。

「最近、彼がめっきり優しくなくて」

もう、この理由は説明するまでもないだろう。それは、「彼があなたを手に入れた」と確信したからである。では、このような場合はどうしたらよいのだろう。もう少しこの話は続けていきたい。

The following two tabs change content below.
山下悠毅

山下悠毅

山下悠毅【精神科専門医 榎本クリニック院長】 専門:性依存症、ギャンブル依存症、パニック障害、社交不安障害│ 日頃の診療経験をもとに、こちらへ寄稿させて頂きます。 ブログ :[プラセボのレシピ]