男女の「連絡したくなる理由」の違い~「久しぶり」男の下心。Broken egg. 2nd Ave

すずみりも愛を叫んでみた[157] 作:ジャニーズウォッチャーすずみり

 

久しぶりの人から連絡が増える時期というのが年に数回ある。

イベントまっさかりの時には案外に来なくて、それはだいたい季節の変わり目で。夏が終わってひと段落ついて寒くなってきた頃、2月に入るぐらいから春に向けての頃。止まっては来ての繰り返しで夏前にまた増えるサイクル。

どちらかというとイベントど真ん中じゃなくて、ちょっと落ち着いてフッと寂しくなるような時が多い気がする。思い返せば私もあまりにイベント前だとなんか「イベントのためダケに」と思われそうで、恥ずかしくてできなかったりする。きっとみんな同じなんだろうなぁ。

ということは今はちょうど連絡がきそうな時期です。なんにせよ連絡が来ることは嬉しい。ただ、ちょっとだけ胸に止めといてもいいかもしれないことがある。

 

男女の「連絡したくなる時」の決定的な違いがある。

女性の場合「そろそろ出会いを探すかぁ~」と、重い腰を上げた時が多い。

過去の飲み会で知り合った人
飲み会を頼めそうな友達
1~2度食事しただけで終わった人
誘いたかったけど誘えなかった人

――のどれかに当てはまる人物を電話帳の「あ」から順に目を皿のようにしてみつけていく。

ちなみに、私は1~2度ご飯にいってフェードアウトした人は恋愛にはならないと思っているので、誘う時は誰か紹介して欲しい1択なのだけど。

2人でご飯デートが絶えないMちゃんは「あの時は上手く行かなかったけど、いまご飯に行ったら何か変わるかもしれない」と、またデートしてみるそう。

ちょっと考えてもそれぐらい淡い感じなので男性から連絡がきても警戒心が薄いんですよね。「もしかしたら好きだった? なんなら恋になっちゃうかも~♪」なんて連絡がきた男性によっては都合がいい甘い期待を抱いたりしちゃうほどに。

 

でも、男性はそうだとは限らない。

例えば知人のA君

A君:「数年前に遊んでた子から懐かしくて~って連絡きたんだよね」
すずみり:「へー、なんで来たんだろうね~」

A君:「暇か、寂しいんじゃない?」
すずみり:「会うの?」

A君:「たぶん会うかな~♪ 寂しいってことは上手く行けばムフフのチャンスだろうからね」
すずみり:「……(そんな理由で会うんだな)」

もちろん上記の考えがすべてではないし、飲み会を頼むだけなら考えもしないだろうし、こちらからの誘い方によると思う。危ないのは女性側がいいなと思っていた人から連絡がきたり、した場合。A君と話しつつ思い出したちょっぴり苦い過去を思い出しました。

 

 

久しぶりに会った元カレや男友達にあっさりヤられちゃうパターン

まだ若かりし頃に何度か遊んでいて「いいな~♪」と思っていた男性から「何年ぶり?」レベルである日連絡が。最初は連絡先も消していたので「誰?」から始まったんですが、それが彼だとわかってから一気に頭にお花が咲きました。

ちょうど出会いを増やすことに疲れていた時だったので、過去にいいと思っていた人からの連絡はタナボタでもあり、とにかく嬉しかった。それに加えて昔を知っているというだけで心の許し度合いが半端じゃなかった。

「もしやこれから恋が始まっちゃうかも~」なんて都合いい考えが浮かんで浮かんでラリホーな状態。彼が「本当はどんな理由で連絡してきたのか?」なんて全く考えてなかった。

 

いそいそと会って、大人になった彼を見て簡単に恋に落ちた。

今思えば彼はA君と考えていることはさして変わらなかったんだと思う。メールでは思わせぶりで彼女にするかのようなメールなのに、なかなか会う日が決まらないという……まさに! なパターン。

頭では薄々わかっていても、昔を知っているから信じたい気持ちと、久しぶりにときめいた人を逃したくないいやらしい根性と焦りとで心はぐちゃぐちゃで毎日ジェットコースター。

結局、何度か会いましたが相談した人がよかったのと、鉄のパンツを履いていた(身持ちが硬い)ので事なきを得ました。

 

男からの連絡は「回数」ではなく「濃度」に注目しなきゃいけない。

良かった。なにせ私は割り切れない女。最後までなんの理由で連絡してきたのかわからなかったけど、ロクな理由じゃなかったことは確か。これでお肉の関係があったら……「まっさかさーまーに落ちてデザイア~ by中森明菜」になるとこだった。笑えない……くわばらクワバラ。

過去もよく考えればたいして知ってるわけじゃないのだけど(だからこそトキメいたともいう)若い頃の自分を知っているというのは「初めまして」より親近感があるし、100倍心を許しやすいことを身をもって体験しました。同じ理由で数年ぶりに連絡がくる「元彼」も注意報。

「いいな~」と思った人から連絡が来たら「会うな!」とは思わないし、せっかくのチャンス後悔するより会ったっていいと思います。ですが、ちょっぴりの注意と自分が彼より上手になるぐらいの気持ちを持って楽しむといいかも。

そんなことを過去の自分に言ってやりたくなったセンチメンタルなすずみりでした。

 

photos by: &
The following two tabs change content below.
ジャニーズウォッチャーすずみり

ジャニーズウォッチャーすずみり

30歳OL:母が光GENJIの大ファンだった影響を受け、幼少の頃から筋金入りの&根っからのジャニーズ好き! ●光GENJIにはじまり、現在の自坦は亀梨くん。副担は松潤・二ノ。G坦は「嵐」。といつつ、キスマイの玉森くんもー♪ 気が多いのが玉にキズな私です。でもミンナかっこいいんだもん♪♪