AV監督と精神科医が「あなたが彼に愛されない理由」を真剣に語る!

オトコの取説22(番外編)  作:精神科医 山下悠毅 ※不定期更新

 

いつも恋が上手くいかない人たちへ

男には「下心」と「恋心」、2種類の「心」があるらしい。

女とはメカニズムが違うこの男の「心」に、今も昔も頭を悩ませている。

単純なのか、複雑なのか。それとも仕方のないことなのか。失恋をするたびに自分の価値を見失っていく悪循環。

私はなぜ愛されないのか――。途方もなく悩んでいたあの夜を、彼らはきっと照らしてくれる。

 

二村ヒトシと山下悠毅とのスペシャル対談企画が開催されます。

二村ヒトシ(AV監督)と山下悠毅(精神科医、性依存症専門医)はこれまで、仕事を通して様々な性や恋愛の悩みに対して向き合ってきた。

――二村は語る。

男性から「愛されよう」として無理してやっていることが、結果的に「その男性から大切にされない」ことにつながり、「軽くあつかわれる」ように自分からしむけることになります。

――山下は語る。

恋とは「○○だから好き」。愛とは「○○だけど好き」。つまり、恋とは相手の「長所が好き」なのであり、愛とは短所も含めた「相手が好き」なのです

――二村は語る。

「愛されたい」といことは「君は今の自分のままで、いいんだよ」と肯定されたいということです。

――山下は語る。

「好き」と言いながらも恋人に対して変化を求める女性は、結局は相手を自分の妄想的な理想型へはめ込もうとしているだけであり、相手を一人の人間として見ていないのです。

 

本公演は、性の演出家と性の治療者が「自己肯定感」をテーマに60分間の対談を行います。

詳細はこちらよりご覧ください。

 

二村ヒトシ

AV監督。『ふたなりレズビアン』『女装美少年』など、ジェンダーを超える演出を数多く創案。1964年六本木生まれ。慶應義塾大学文学部中退。

『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(イースト・プレス)、『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(幻冬舎)、『モテと非モテの境界線』(講談社)、など著書・共著も多数。

公式ウェブサイト:http://nimurahitoshi.net/

 

山下悠毅

精神科専門医。榎本クリニック院長。
専門:性依存症、ギャンブル依存症、パニック障害、社交不安障害
ブログ:プラセボのレシピ:http://www.0004s.com/app-def/S-102/blog/

 

The following two tabs change content below.
山下悠毅

山下悠毅

山下悠毅【精神科専門医 榎本クリニック院長】 専門:性依存症、ギャンブル依存症、パニック障害、社交不安障害│ 日頃の診療経験をもとに、こちらへ寄稿させて頂きます。 ブログ :[プラセボのレシピ]